小学生のときに腋毛が生えてきて!

子供のころからムダ毛が多くて悩んでいました。

手を上げる若い女性小学校5年生のときにスイミングを習っていたのですが、その時に腋毛が生えていたので、恥ずかしかったです。父が見学に来たときにそれに気がついて母に言ってくれたのですが、母はそんなことないとなぜか何もしてくれませんでした。なので、当時ムダ毛の自己処理の仕方をしらなかったので、そのまま生えたままスイミングに通ってました。

周囲からは指摘されることはありませんでしたが、恥ずかしかったです。腋毛が生えているのは私だけでした。腋毛も恥ずかしかったのですが、腕毛やすね毛も濃かったので、それも恥ずかしかったです。

スイミングの時や学校の体育の授業のときは憂鬱でした。水着や体操着(当時は半袖にブルマでした。 だとものに肌の露出があるので、ムダ毛が丸見えになってしまい、恥ずかしかったです。

何とかしなきゃと思い、当時はかみそりも持っていなかったので、ムダ毛をセロハンテープではさんで、無理やり引っ張って、ぬいたりしていました。

その抜き方だと痛いし、脱毛した箇所が赤くはれ上がってしまいました。
後からもっと濃い毛が生えてきて逆効果でした。今大人になって思うことは、当時の自分に自己処理の仕方を教えてあげたいです。

http://xn--dcko9f0a8u.sakura.ne.jp/

ナチュラルスキンケア

ナチュラルスキンケアとは化学合成成分を含まない化粧品を使用したスキンケアの事です。

合成界面界活性剤、合成ポリマーなどの化学物質は、使用感が良いため、肌に良さそうですが、肌に蓄積し、バリアを壊すとのことです。きっかけは子供を産んだことです。

ビューティー赤ちゃんの頬に自分の頬を思い切りスリスリしたいけど、化粧もしたいと思っていたところ、ミネラルファンデーションを見つけ使用し始めたことが始まりです。

今ではコスメのみではなく、基礎化粧品化も全てナチュラルものを使用しています。
欠点は値段が高いことです。なので、私は現在、水+グリセリンで作った簡単な手作り化粧水とオリーブオイルで肌の保湿しています。

また、オーガニックコスメの海外サイト「アイハーブ」では、良質なオーガニックコスメが格安に購入できるため、いろいろと試す事ができます。また、ナチュラルコスメは、クレンジングを使用しなくても良いものが多いので、旅行のときも石鹸のみ持っていけばいいので、いろいろとお手軽です。

シミが消えた感じがします

脱毛に憧れを抱く日々

初めて脱毛したいと思ったのは、小学生の頃でした。

ミセスビューティー小さい頃から非常に毛深く、私の一番のコンプレックスでした。小学校高学年になると、親のカミソリをこっそりと持ち出しては、腕・足・脇といった目立つ部分は自分で剃っていました。

大学生で初めて彼が出来てからも、ずっと自己処理を繰り返してきた私ですが、就職して忙しい日々が続くと、さすがに毎日全身の処理をすることができなくなりました。

その為、時には処理が出来ていないまま仕事へ行くこともありました。突然のデートの時は、嬉しい反面、非常に困ることが多かったですし、処理をして1日がたつとチクチクし始めるので、触れられるのが不安で仕方ありませんでした。

彼が居ない期間が2年半と長くなり、女性として自分を磨きたいと思っていた時期と、転職の為プライベートの時間がゆっくりと取れる時期が重なったこともあり、本気で脱毛を考え始めました。

もちろん、就職して3年目という、金銭的にも余裕が出てきた時期であったこともあったと思います。この頃には、目に見えない部分も気になっており、背中やお腹、お尻、デリケートゾーン、胸…など、出来ることなら、全身の脱毛をしたいと思っていました。

金銭面を考えると、希望部位全ては出来ませんでしたが、現在はほぼ全身の脱毛を行っています。まだ満足のいく程完全に脱毛できたわけではありませんが、少しずつ自己処理が楽になっていくのが楽しみで仕方がありません。

ラ・ヴォーグで全身脱毛を受けています

乳歯なら虫歯になったら抜いてしまえばいい?

今、10歳になる息子がおりますが
この子がご飯はよく食べる、おやつもデザートもジュースも大好き。

それなのに歯磨きは面倒くさくて大嫌い。とゆうちょっと困った子です。

020484もう10歳にもなると体も大きいし、親の膝の上にゴロンとなって仕上げ磨きをしてあげるとゆうのもなんだか変?なように思い、
歯磨きは本人に任せていました。

ある日、歯が痛い。と訴えるので歯医者さんを受診しました。 すると、痛がっていた歯以外にも虫歯があると指摘されました。

削って詰め物をする処置で、全部を治すには3ヶ月は通うようになるとのことでした。『え?深い虫歯は乳歯なら抜いてしまったほうが早いのでは?』と先生に尋ねると 乳歯が順番に生えてくるように、順番に抜けないと歯並びがグチャグチャになってしまうそうです。

安易な発想に親として恥ずかしかったです。

そして、もう一つ先生に指摘されてしまったことが『中学生まではしっかり仕上げ磨きをしてあげてください』とのことでした。
確かに大人でも磨き残しから虫歯や歯周病になりますもんね。

虫歯を作ってしまった責任は私にあると反省しきりの1日でした。

ブリアンの歯磨き粉を子供が気に入っています

女性としては気になります

中学生の頃、突然右手の中指の第一関節付近にイボが出来ました。
よくペンが当たる位置のため、最初はペンだこかと思いました。

ですが痛みはなく、水膨れでもなく、ただぽこっと膨らみが出来たのです。
痛みもないため気にせずに学生時代を過ごしていました。
困るようになったのは大学生になった頃です。

Beautiful woman having a headache in bed大学生になったということで今まで出来なかったオシャレをするようになり、その中の一つとして定期的にネイルサロンへ通っていました。

ネイルサロンのお姉さんに指を見られる度に「これどうしたの?」とイボについて聞かれるようになり、その度に「イボです。」と答えるのが恥ずかしくなってきました。

また、可愛いネイルをしてもらうと結構な確率でネイルサロンのブログに載せたいから写真を撮りたいと頼まれます。その際にイボを隠すようにして写真を撮ることも恥ずかしく思えてきました。

その頃から手元を見られる際は不自然にならないようにさり気なくイボを隠すようになりました。 女性として綺麗に見られるには、指先の小さなイボとはいえ、悩みの種となってしまいます。

老人性イボじゃないかと思っています

「田舎に住んでいるから」は言い訳?

考える女性私の住んでいるところは田舎で、この季節に潜れるような綺麗な海もないし「夏」と言える期間が極端に短いため露出する機会もそんなになく、私自身そんなに処理意識が高くないんです。

去年結婚して、男性に色目を使うこともなくなったので尚更(笑)

ですが今の時代、美意識が高い若者が多くて、つい最近まで行っていた職場にいる女性たちも綺麗な子達ばかり。ふと自分の腕や手に目をやると、処理が行き届いていない様にちょっと恥ずかしいと思うようになりました。

今まで週に一度、処理するかしないかのペースでやっていましたが、腕や足はともかく、脇はすぐに顔を出し始めます。それとデリケートゾーン。

ここもやはり手ごわくて、すぐに下着からツンっとはみ出てしまいます。
いくら結婚して意識が薄れたと言っても、下着からはみ出てしまったり、常にゴマゴマしている脇は気になります。

他人との比較はできませんが、自分の毛が濃くて太い様な気がしてなりません。
旦那さんは何も言っては来ませんが、内心は気になるもの。

芸能人の様に綺麗な体になりたいとは思うものの、ここは田舎で、よくテレビでやっているようなブランドと良心的な価格を兼ね備えたサロンがないので、憧れるだけ~。

これって言い訳でしょうか??

http://脱毛サロンおすすめjp.com/